f VirtualBox|ZorinOSとiMacでの共有フォルダ
 

VirtualBox|ZorinOSとiMacでの共有フォルダ

仮想化ソフトのVirtualBoxで導入したZorinOSとiMacとでファイルのやりとりのできる共有フォルダを作成します。

== 目次 ==

== 環境 ==

  • ● ホストOS = Mac OS Sieera 10.12.6
  • ● ゲストOS = ZorinOS 15 64bit
  • ● Oracle VM VirtualBox 6.0.15
  •  1.VirtualBoxの設定

    まずMacOS側のデスクトップに共有させるフォルダーを作っておきます。

    設定から

    次にヴァーチャルボックスを立ち上げて、設定をクリック。

    設定画面から「共有フォルダ」を選択。

    右側の「+」ボタンをクリックして、共有するフォルダーを指定します。

    「フォルダーのパス」右のプルダウンメニューを開いて「その他」を選択し、先ほど作ったフォルダーを指定します。

    VirtualBoxの設定画面 VirtualBoxの設定画面 VirtualBoxの設定画面 VirtualBoxの設定画面

     2.ZorinOSでの作業

    「gcc、make、perl」のインストール

    共通フォルダを有効にするため、ZorinOSに「Guest Addition」というものをインストールする必要があります。

    さらに「Guest Addition」を動作させるためには、必要なパッケージ、「gcc」「make」「perl」が導入されていなければなりません。

    「端末」を立ち上げます。ZOrinOSのデスクトップ画面左下の「Zorinマーク」から → 「ユーティリティ」 → 「端末」です。

    「sudo apt-get install gcc make perl」と打ち込んでENTERを押下します。

    パスワードを求められますので、パスワードを打ち込むとインストールが始まります。

    ZorinOSで端末を立ち上げます ZorinOSで端末を操作 ZorinOSで端末を操作

    VirtualBoxの日本語化

    続いて「Guest Addition」のインストールですが、その前にVirtualboxの言語を日本語化しておきます。

    VirtualboxのZorinOSを立ち上げてある状態で、iMacデスクトップ画面左上のメニューから、「VirtualBox VM」 → 「Preferences」 → 「Langage」 で 「日本語」を選びます。

    VirtualBoxの設定画面 VirtualBoxの設定画面

    「Guest Addition」のインストール

    ZorinOSのISOファイルを使ってインストールしたままでしたら、仮想ディスクドライブからISOファイルを取り出します。

    画面左上のメニューから、「デバイス」 → 「光学ドライブ」 → 「仮想ドライブからディスクを除去」です。

    VirtualBoxので仮想ディスクを除去中

    改めてメニューから、「デバイス」 → 「GuestAdditions CDイメージの挿入」です。

    すると実行して良いか確認されますので「実行する」を選択し、パスワードをもとめられますので打ち込みます。

    VirtualBoxでGuestAdditionsをインストール VirtualBoxでGuestAdditionsをインストール

    インストール終了後「Press Return to close window...」とメッセージがでます。リターンキーを押すと、デスクトップ画面に「共有フォルダ」ができています。

    VirtualBoxでGuestAdditionsをインストール VirtualBoxでGuestAdditionsをインストール

    これでホストのiMacとのファイルなどのやりとりがスムーズにできます。