コンタクト・スプレー|接点復活剤

コンタクト・スプレー

コンタクト・スプレー購入のきっかけは、エアコンのリモコンの故障でした。

以後、困った時にはバッチリいい仕事をしてくれるコンタクト・スプレー。

もう手放せません。

エアコンのリモコンが動かない → 復活

エアコンをつけようとしてリモコンを手に取ったら、電池が液漏れしていて液晶表示もされず、動かないんです。

エアコンのリモコン

あわてて電池を取り出し、電池から漏れ出した電解液を拭き取り、電池の接点バネのサビをヤスリで削りとって電池交換してみるも反応は無し。

さらにリモコンのネジを外しマイナスドライバーでこじって開けて、電池の液にまみれたプリント基板を雑巾で拭い、乾かしてから使用を試みるも反応はやはり無し。

メーカーから取り寄せで純正品のリモコンを買おうとすると結構なお値段。オークションサイトでリモコン類がたくさん出品されているのはこういうわけなんですね。

ここで、必要に迫られたら是非買いたい、と思っていた呉工業の接点復活剤、コンタクトスプレーの出番です。

これのいいところは、ゴムやプラスチックにかかっても大丈夫、とされていること。

なので再度開腹したリモコンのプリント基板に遠慮なく吹きかける。壊れているかもしれないし駄目元です。

エアコンのリモコン

1日置いたら見事復活しましたよ、このリモコン。いやーありがたい。

水没させたラジオが目覚めない → 復活

SONY SRF-M95

私はラジオ大好き人間。テレビはいらぬがラジオは必要。家の中でもイヤホンで家事をこなしながら聞いています。

恥ずかしい話ですが、トイレで便器に腰掛けようとするときに、ぽちゃりと落としたことが過去に2度か3度かあります。そんな時は慌てずに一日二日乾かせば、また何事もなかったように目覚めてくれたんです。

だから、また先日落としてしまった時も、乾かせば目覚めてくれるはず、、、はず、、、めざめなかったんです。

今では、ソニーはこのような小型の携帯ラジオの製造はしていないようで、人によってはスマホアプリのradikoでいいんじゃないと思うかもしれませんが、私は片手でパッと放送局をかえたり、スイッチオン・オフできるラジオがいいんです。

ここでまたラジオを開腹して、__ そう、コンタクトスプレーです。

SONY SRF-M95

これで二日ほど置いたら復活してくれました。いやーたすかりました。

でも液晶表示がおかしくなっていて、でもそれくらい仕方がないかな、と思っていたら、液晶表示も正常になっていたことに最近気づきました。

いやー、ありがたやーありがたやー。

iMac_G3のキーボード接点不良 → 復活

●ード・オフのジャンクコーナでiMac-G3のキーボードを2つ見つけて購入。自宅で動作確認したら、電源ボタンが反応せず、ボンダイブルーモデルの「CAPSLOCKキー」のLEDが不点灯だったのと、グラファイトモデルのキーが動作確認中に反応しなくなってしまいました。

iMac-G3のキーボード

このキーボードも分解、綺麗に清掃し、LEDやメンブレン・シートの接点、電源スイッチにコンタクトスプレーを塗布したら、無事復活しました。

組み直してきちんと動作するのを確認した時は嬉しかったです。