VirtualBox|iMacにZorinOSを導入

MacOSXやWindowsOS、LinuxOSなどで使える仮想化ソフトのVirtualBoxをiMacで使ってZorinOSを導入してみます。

== 目次 ==

== 環境 ==

  • ● iMac 2017 5K Retina 27inch
  • ● OS = Mac OS Sieera 10.12.6
  • ● isoファイル = ZorinOS 15 64bit
  • ● Oracle VM VirtualBox 6.0.15
  •  1.VirtualBoxとZorinOSのisoファイルを準備

    Oracle VM VirtualBoxをダウンロード

    まず公式ページからヴァーチャルボックスをダウンロードしてインストールしておきます。

    今回自分が使ったのはバージョン6.0.15です。

    ヴァーチャルボックスの導入は↓の記事を参考にしてください。

    ZorinOSのisoファイル

    ZorinOSを公式ページよりダウンロードしておきます。sha256sumチェックも忘れずに。

    macターミナルを使ったsumチェックのやり方は↓の記事を参考にしてください。

     2.ヴァーチャルボックスの設定

    「新規」をクリックで項目作成

    ヴァーチャルボックスを立ち上げます。

    上の項目から「新規」をクリック。

    すると「名前とオペレーティングシステム」設定画面が開くので、名前は「ZorinOS-15」、タイプは「Linux」、バージョンは「other Linux」として、下部の項目の「続き」をクリックします。

    VirtualBoxの設定画面 VirtualBoxの設定画面

    続いて「メモリーサイズ」設定画面が開きます。1G程度割り当てます。これは後で変更もできます。「続き」をクリック。

    次は「ハードディスク」設定画面です。iMac上で仮想化して使うので「仮想ハードディィスクを作成する」を選択。

    VirtualBoxの設定画面 VirtualBoxの設定画面

    仮想ハードディスクのタイプは初期設定のままの「VDI」。「可変」サイズ。

    30GBとしました。

    VirtualBoxの設定画面 VirtualBoxの設定画面 VirtualBoxの設定画面

    「設定」

    左側の項目で「ZorinOS-15」を選択した上で、画面上部の項目から、「設定」をクリックし、展開された画面で「システム」→「マザーボード」を選択し、「起動順序」を「ハードディスク」のみにチェックを入れ、右側の「↑」「↓」をつかい「光学」が一番上になるようにします。

    チップセット→「ICH9」を選択。ポインティングデバイスはデフォルトの「USBタブレット」。拡張機能は「I/O APICを有効化」と「ハードウェアクロックをUTCにする」にチェック入れます(デフォルトのまま)。

    VirtualBoxの設定画面 VirtualBoxの設定画面

    ストレージ

    ストレージは「コントローラー:IDE」右の「光学メデイア・マークに "+"のついたアイコン」から光学ドライブの追加を行います。

    ダウンロードしておいたZorinOSのisoファイルを選択します。

    右下の「OK」をおして設定を終了させて、起動ボタンを押すとVirtualBox上でZorinOSがLive起動します。

    VirtualBoxの設定画面 VirtualBoxの設定画面 VirtualBoxの設定画面

    「Try or Install ZorinOS」を選択し、立ち上がったZorinOSでインストール作業をします。

     3.ZorinOS-15-64bitをVirtualBoxにインストール

    「Try or Install ZorinOS」を選択し、立ち上がったZorinOSでインストール作業をします。

    VirtualBoxの設定画面

    ヴァーチャルボックスでisoファイルからZorinOSを立ち上げます

    あとは別記事で書いたUSBメモリーにインストールした時のやり方と一緒です。

    インストール先のドライブ選択の時に躊躇するかもしれませんが、Virtualboxが認識しているのは割り当てた仮想ディスクなので、「ディスクを削除してZorinOSをインストール」を選択してください。

    VirtualBoxの設定画面 VirtualBoxの設定画面