SVEA123R|漢のガソリンストーブ

積雪期の登山のために手にいれたガソリンストーブ、SVEA 123R

svea123r

わたしにとっては実用的な必携品ですが、Amazonのレビューなどでは、「火力・使い勝手など現代の最新ストーブに遥かに劣る」だの、「趣味の一品」、「コレクション」、「面白いおもちゃ」、「インテリアの一部」などの文言が見受けられます。

そうでしょうか。私は少人数、殊に積雪期単独登山の携行する火器としては実用本位の完成形だと思っています。

積雪期の登山でテントサイトを決めて、雪を踏み固め整地し、風でばたつくテントを飛ばさないように設置。水を作るためにビニール袋いっぱいに雪を集めテントに潜り込んだ時には手指が冷たくなっています。

悴んで思うまま操れぬ己の手指を使い燃料キャップを外し、燃料ボトルからガソリンを移し、懐で温めておいた着火用の使い捨てライターで、本体窪みに滴下させた(時にはぶっかけた)ガソリンでプレヒート作業。一回ではなく2回、3回と本体が温まるまで行います。

着火の時だけ不測の事態に備えテントから出して行い、着火後テント内へ引き入れ、火力安定後に使用します。

故障して欲しくないからSVEA123R

このスベアは可動部品が少なく、それゆえ故障する確率もすくない。

もし冬山登山でガソリンストーブが故障したらどうでしょうか。飲み水も作れなければ暖かい食事もできません。携行するビニール水筒の水が凍ってしまう状況下でのことです。

1日の行動をおえて、テントに入りストーブに火入れしようとして、それが壊れていたら結構深刻な事態に陥るのではないでしょうか。

以前はMSR社のウィスパーライト・インターナショナルを使っていました。現行のモデルではない旧モデルですが、ネット検索で不具合報告などを調べてみると、樹脂製のポンプが割れているなどの書き込みがありました。こういった不測の事態は回避したいとかんがえて、自然とスベアを携行するようになりました。(後述しますが、スベアの弱点をカバーする特徴や、マルチフューエル対応など、ウィスパーライト・インラーナショナルには、特有の強みがあります)

かじかんだ指で操作するからSVEA123R

絶対に故障して欲しくないから、例えばMSR社のウィスパーライトインターナショナル を持っていくときはポンプも燃料タンクから外し鍋の中などに入れて携行します。そして使用するときには燃料ボトルの蓋を外し、ポンプをセット、バーナーとポンプを接続し、ポンプアップ。ここまでやってからプレヒートののち着火することとなります。

悴んだ指でこれらの操作をやるのと、スベアのプレヒート作業を比べるとどちらが手間でしょうか。SOTO社のMUKAストーブ はプレヒートは必要ありませんが、それ以外は同じです。

また、同じホワイトガソリンを使用しても、自分の旧型ウィスパー・インターナショナルは煤がよくでると感じました(現行型についてはわかりません)。テント内で使用するのだったらススは出ない方がいいに決まっています。MUKAストーブを使う友人はレギュラーガソリンを使用していましたが、煤はそれほどでないといっていました。

↓  燃料ボトルにポンプをつけたまま(左)持ち運べば楽だが、破損が怖い。

MSR社の燃料ボトルとポンプ

↓ 悴んだ指で燃料タンクが開けられない時があって焦りました。下記のように割り箸やらスプーンなどで挟んで回せば楽に開けられます。

燃料ボトルの蓋が開けづらかったらこうしている

鎖で繋がれた火力調節ネジと風防

本体に繋がれたネジにより、風防が完全にはずれなくて、取り回しが不便という意見があります。

  
スベアと鎖

道具は使う人が使いやすい様に工夫するもの。人によっては鎖を風防に付け直すなど加工していらっしゃるようです。これはこれで正解だとおもいます。

私の場合は、冬山のテントで雪の吹き込みを極力避けながら、前述のようにプレヒート〜着火を行って使います。このとき誤って風防をテントの外に落とし、それが風に飛ばされてしまったら、これも深刻な事態です。

風防をテントの中にしまっておけば良いと思われるかもしれませんが、テントの中は物で溢れています。うっかり尻の下にして潰しまうかもしれないし、火力調整ネジもいざ使おうと思って探してしまうような労力も避けたいので、自分にとっては、これらが本体とくっついているほうがありがたいのです。

SVEA123Rは燃料タンク一体型

MSR社やSOTOのMUKAストーブは燃料タンクと本体分離型です。利点は軽量化と連続燃焼が出来ること。

スベアは燃料タンクと一体型。これの利点は取り回しの良さ。本体は熱くなりますが、冬山なら厚手の手袋や靴下をしているはず。テント内で使用中に移動させるのもラクです。強風でバタつき揺れるテント内でも足で本体を挟んで使用できます。

そして山行中の燃焼使用量が把握しやすい。1回の燃焼補給で燃焼可能な時間内に水作りと炊事を済ませます。これで燃料追加が必要だったことはあまりありません。

ただし燃料追加は本体が冷めてからでないと行えません。冬山ではテントの外に出せばいいのですが、気をつけたいのがうっかり凍った雪面に置くこと。熱い本体が凍った雪を溶かしてた後、再度凍ってしまい雪面に張り付いてしまいます。じぶんは過去に1度やらかしてしまいました。

スベアと靴下

SVEA123Rの火力

火力調節が効かないと言う話もありますが、自分の場合はトロ火も十分可能です。もしかしたら製品の個体差があるのかもしれません。

友人がSOTO社のMUKAストーブを使っているのを見ましたが、強力な火力を一人使用では持て余すと感じました。MUKAストーブは多人数の時はいいかもしれません。

SVEA123Rの本体は重量550グラム

本体重量550グラム。この他に燃料ボトルを持ち運ぶこととなります。

MSR社のウィスパー・インターナショナルは本体とポンプで318グラム。SOTO社MUKAストーブは333グラム。この200グラムあまりの差をどう判断するか。

不具合の起こる可能性やメンテナンスのし易さ。これらを加味して考えると、この重量差を割り引いても単独積雪期登山では断然SVEA123Rが優っていると思うのです。

スベアとチタンポット

また冬用のガス・カートリッジやアルコール・ストーブ、エスビット社の製品など軽量かつ低温下での使用ができる優れものが多々あるようです。

軽量化を最優先させるならこういった製品が選択肢にあがりますが、雪を溶かして水を作る時には、鍋に大量に結露が発生します。

この結露した水を拭き取りながら水作りをするわけですが、もしエスビットやアルコールストーブを使っていた場合は結露の滴下により消火してしまうことはないのでしょうか。この辺は今後機会があったら試して見たいところです。

SVEA123Rの減圧弁、火を吐く

スベアに付いてネット検索などしていると、減圧弁が作動して火だるまになった、というような報告が見られます。

この減圧弁作動の報告をみていると、以下のような状況で起こっているようです。

  • ● 寒冷地ではない場所で使用している。
  • ● 燃料タンクに覆いかぶさるように大きな鍋を使った。
  • ● 付属品である「五徳兼風防」以外の風防も使った。

実は自分も春先の海岸で大きな鍋(直径二十数センチ程度)を使ったときに、減圧弁からロウソクの炎程度の火が吹きました。すぐに消火して、まだ余熱のあるうちに再点火したらあとは平常運転でした。

減圧弁が作動するのは、主に鍋や過度な風防による輻射熱の影響によるものだと思われます。大きな鍋をつかうのにはMSR社のものや、MUKAストーブのような燃料タンク分離型ストーブのほうが鍋が安定します。

SVEA123Rに付属する鍋は語る

スベアには小さなアルミ鍋が付属します。この鍋については否定的な意見しか見聞きしたことはありません。が、もしかしたらこのアルミ鍋は身を持って購入者に語っているのかもしれません。

「僕のような大きさの鍋の使用を想定して作られたストーブですよ」「あまり大きな鍋は使わないでね」と。

付属のアルミ鍋

SVEA123Rのプレヒートから着火まで

↓ 燃料キャップを外してタンクに燃料を入れます。

スベアにガソリン注入

↓ 本体を傾けて燃料量を確かめる。燃料タンク内に空気(空間)がある状態でキャップを閉じる。着火後は熱で膨張した空気の圧力により燃料が吹き出されるため。

↓ 本体くぼみにガソリンを垂らして、これに火をつけて余熱(プレヒート)します。寒い場所では2度3度と行います。

↓ この余熱の火がまだついているうちにバルブを開いて着火させるのが一番ラクなパターン。余熱の火が消えた後、バルブを開けながらライターなどで火をつけます。

↓ 着火直後は「バッ、バッ、バッ」と大きな炎があがります。

着火直後は炎があがる

↓ しばらくすると炎が安定します。

安定した青い炎

↓ 風防を取り付けて調理開始。燃料バルブのネジは本体に付けたままだと熱くて持てなくなるため、外しておきます。

風防を取り付ける

どうでしょうか。慣れてしまえばSVEAの着火作業もだいぶ楽なのではないでしょうか。

↑ ページトップへ