ヨーロッパアルプスでもなく、日本アルプスでもない、神奈川、三浦アルプス探訪|2021年11月上旬

知人から神奈川県の三浦アルプスのことを教わり、早速行ってきました。

京浜急行逗子・葉山駅から国道134号線を南下、風早橋バス停付近のトンネル手前で右折、葉山教会の脇からハイキング道へ入り、仙元山、観音塚、乳頭山、田浦梅林を経由して、国道16号へでて、田浦駅へ、という行程で楽しんできました。

== 目次 ==

 1.前準備

地図

「三浦アルプス」「地図」で検索して、出てきた京浜急行作成の地図を印刷しました。

他にも、有志の方が作成した詳細な地図も出てきます。これはその後詳しく歩き込んでみたい場合には有用だとおもいますが、初めは京急さんの地図の方が分かりやすいと思います。

京急の作成した三浦アルプスの地図

足拵え

市街地そばの里山だからと甘く考えてはいけません。

アップダウンが多々あり、整備はよくされているものの、場所によってはロープもあり、倒木などもあったりします。

ですので、靴はきちんと登山に耐えられるようなものを用意します。スニーカータイプでもしっかりしたものが良いでしょう。

 2.アプローチ

京浜急行|逗子・葉山駅へ

東京都方面から京浜急行線で向かうと、金沢八景駅から新逗子線へ乗り換えとなります。

京急逗子・葉山駅は南口から出ます。

京浜急行逗子・葉山駅の南口

国道134号線

京急逗子・葉山駅南口から進むとすぐ国道134号線にぶつかります。

これを南下して風早橋バス停付近を目指します。

バスで向かってもいいのですが、せっかく歩きにきたので歩きました。

二つ目のトンネル手前が風早橋バス停です。このトンネル手前の交差点を右折して少し進むとハイキングコースを記した看板があります。

国道134号線の看板 風早橋バス停付近のトンネル 仙元山ハイキングコースの案内看板

 3.ハイキングコース

ハイキングコースを記した看板のある坂道を登り、教会の左脇から本格的なハイキングコースです。

三浦アルプス、仙元山側の教会

仙元山へ

教会脇からテクテク歩いて坂を登るとすぐ仙元山の山頂です。

本日のコースではここにあるトイレが最終となります。きちんと用を足しておきましょう。

ベンチもあり、眺めも良く楽しめます。

三浦アルプス、仙元山直下の坂道 三浦アルプス、仙元山のベンチ 三浦アルプス、仙元山のトイレ 三浦アルプス、仙元山から見た富士山

観音塚へ

仙元山から観音塚へ向かうと約250段あるという階段があります。

三浦アルプス、約250段の階段 三浦アルプス、約250段の階段

この階段を登り、尾根道を進むと、分岐があります。

予定のコースはこの分岐を右に行くのですが、ちょっとだけ左の道を登ると、ここでも良い眺めが臨めます。

三浦アルプス、尾根道 三浦アルプス、尾根道

眺めを楽しんだ後、分岐まで戻り本来の右又へ進みます。

途中で分岐などもありますが、道標がしっかりあるので、確かめながら進みます。

順調に歩みを進めると、やがて観音塚にたどり着きます。

三浦アルプス、尾根道の道標 三浦アルプス、尾根道 三浦アルプス、尾根道 三浦アルプス、観音塚

乳頭山へ

観音塚をすぎ、さらに進みます。

途中で、いい感じの平地がありましたので、銀マットを広げてくつろいだりしながら、乳頭山を目指しました。

三浦アルプス、尾根道 三浦アルプス、尾根道 三浦アルプス、道標 三浦アルプス、尾根道

乳頭山を示すのは、樹にかけられた小さな板のみです。

乳頭山からは、横須賀方面の海が臨めます。

三浦アルプス、尾根道

田浦梅林へ

当初は乳頭山から、池の谷公園、景徳寺への道を行くつもりだったのですが、途中にある鉄塔の工事により、通行止めとなっていました。残念!

三浦アルプス、通行止めの標識

ですので、乳頭山そばの分岐まで戻り、田浦梅林を目指すことにしました。

分岐そばの道にはロープもあります。ぬかるんでいたら大変そうです。

三浦アルプス、道中のロープ 三浦アルプスの道標

やがて横浜横須賀道路をわたる橋にたどり着きます。

これを渡って進むと田浦梅林です

三浦アルプス、横浜横須賀道路をわたる橋 三浦アルプス、横浜横須賀道路 三浦アルプス、田浦梅林 三浦アルプス、田浦梅林展望台からの景色 三浦アルプス、田浦梅林

京急田浦駅へ

田浦梅林を住宅街へ下り、北方向に進むと国道16号線にぶつかります。

国道16号線をさらに北に向かうと京急田浦駅です。

三浦アルプス、田浦梅林を下る 三浦アルプス、田浦梅林側の住宅街 三浦アルプス、田浦梅林から国道16号線へ 三浦アルプス、田浦梅林からの京急田浦駅へ

 4.総括

少し風が強かったものの、晴天の中のハイキングを楽しめました。

下記のものを持っていったため、さらに楽しめたと思いました。

魔法瓶

アップダウンの激しい尾根道を歩くと汗をかきます。

その体に強い風をあびると肌寒さを覚え、温かい飲み物がとても美味しく感じました。

最近はフリーズドライの味噌汁やスープ類がとても充実しています。魔法瓶で熱いお湯とシェラカップなどを持っていくと、お弁当と一緒に楽しめます。

魔法瓶

銀マット

ここがいいな、と思ったところに銀マットがあれば、そこが休憩所になります。

ビニールシートですと、地面の凸凹がとても気になりますが、銀マットでしたら多少凸凹でも、2つ折り4つ折りにすれば、腰をおろせます。

自分は、テント泊用に買い求めた2枚の銀マットを多用しております。

もう20年ぐらい使っていて、穴が空いたり、切ってしまったのをガムテープで補修したりしています。見た目が多少あれですが、あまり気にしません。

多少値が張りますが、自宅では道具をひろげる時や、テント泊時、ハイキングで、と使い続け、十分もとは取れたと思っています。

銀マット

他にも道具など工夫しだいで、ハイキングも楽しいものになるはずです。

ではでは、皆様も楽しいアウトドアライフを!