四つ葉のマック(望月三起也)|おっさんの愛したマンガ

__毎週金曜日、都内の不良を集めて回る「灰色ワゴン」。

両親、もしくは近所4名から「承諾書」に署名をとられた彼らが送られる先は「非行少年別所」。

この艦は国と都が運営しているが、その存在は非公表。そのため、「院生」が死亡しても公式に全く問題がない。

そんな別所に送り込まれた彼らの運命はいかに。__

四つ葉のマック|登場人物

  • ・マック(四葉真記よつばまき
  • 自称、「モナコの王子」。 下級生ゴロシ の噂もあり。 銃器や歴史などにも詳しい。

  • ・竜ノ介
  • 損得勘定高く、何度も一人で逃亡を図るがそのたび失敗してしまう。

  • ・ルル三条
  • 「大日本不良少年少女非行連盟、東日本理事長」の肩書をもち、暴走族の顧問を50あまり務める。

  • ・番太
  • ルル三条の顔見知りだが、艦内で狂ってしまった。

  • 死田一夫しだかずお
  • 刑事の父を持ち、「承諾書」に署名したことを悔いる母に、非行艦へ乗船間際、目の前で自殺されてしまう。 小さな目にコンプレックスをもち、帽子キャップを手放さない。

  • ・小次郎
  • 学校に放火した小学生。 新聞記者の父を持つ。

  • ・トコヤ
  • 美容院のチェーン店10店のオーナーの母を持つ。 新幹線を転覆させた。

  • ・総長
  • 院生を束ねる総長の座につく。 マックらが非行艦乗っ取り計画を実行した際、指導官長の意を汲みマックの爆殺を目論む。

  • ・エレキ
  • 副長。 死田と共に灰色ワゴンで乗艦した。

  • ・犬山
  • 幹部。 議員の父親をもつ。

  • ・猫山
  • 幹部。 ざんげ島で逃亡を図り銃剣で刺され死亡する。

  • ・スケバン
  • Dブロックの長だったがマックにとってかわられる。 艦内の爆破事件でマックを犯人だと嘘の密告をする。

  • ・ミミ
  • 休学処分中に、TV取材中の学校で教頭に恥をかかされ、庇ってくれた教師の処分に怒りゴルフクラブを振り回して意図せず校長の頭にクラブを振り落としてしまう。 この教頭が転職して非行艦の指導官となっていた。

  • ・イの1号
  • 「非行少年別所」の最古参。 厨房で働いている。

  • ・指導官長
  • その残忍さゆえ指導官長を務める。頭もキレ、訓練艦の戦時操艦も巧み。

  • ・ヌシ
  • 非行艦内にたびたびバイクに乗ってあらわれて、指導官を退治しては消える謎の存在。

四つ葉のマック|名言

「ウイルディなら10インチバレルのやつオレ持っているからべつにほしくないね」(マック)

非行少年別所に連行され、乗艦のさい、指導官からスリとった銃を大人しく返したことを竜之介から非難されて__。

五月のコイノボリが食いつくというか、、、カリフォルニアの太陽の下で育ったオレンジを武器にぶつけてきたような、、、

「ヌシ」の襲撃が今までと違うように感じた指導官の感想。

香水食ってミソ汁頭にかけそう、、、(マック)

「トコヤ」が家業の床屋のチェーンのモーニングサービスである、"8時来店の人へのミソ汁オシンコ付き、香水もバルカン、、、" の説明をうけて__。

ウサギなら出来の悪い子てめえで食って始末するぜ、、、世間様にぜったいめいわくかけねえウサギを見習ってほしいもんだ

「トコヤ」を連行する際の指導官の言__。

ものには順ってものがある、鼻かんだあとの紙でシリはふけるが、シリふいたあと鼻はふけまいが_おまえらの相手は後‼︎

「ヌシ」が、マックらの艦の乗っ取り計画での危機を救うために、指導官長らを振り切る際の言__。

四つ葉のマック|武器、兵器

銃器

  • ・ウイルディ
  • マグナム弾をうてる自動拳銃。45口径。 チャールズ・ブロンソン氏も愛用した。

  • ・S&Wコンバットマスターマグナム
  • 回転式拳銃。 38スペシャル弾とともに357マグナム弾も使える。

  • ・ランチェスター短機関銃
  • 主に第二次世界大戦中のイギリス軍に使用された。 作中では訓練として分解から組み立てを行なわされる。 さらに組み終わった銃を担いでの体力トレーニングにも使われた。

  • ・HECKER&KOCH P7
  • ドイツ製の自動拳銃。 ドイツで軍・警察用として採用される。 作中では非行艦乗っ取りのさい、ルル三条が催眠ガスで眠らせた指導官より奪う。

  • ・マテバ・ピストル
  • イタリア製。 独自のオートマチック機構を備えた回転式拳銃。 「バランスも悪くない__」は作中での武器商人の言。

兵器

  • ・エグゾセ
  • フランス製の対艦ミサイル。フォークランド紛争ではイギリス海軍の駆逐艦「シェフィールド」を撃沈した。 本作中ではマックらがドーベルマンから追い立てられ逃げる際、冷凍庫の秘密エレベータに隠された3発を発見する。

  • ・Mi-24
  • ロシアの攻撃輸送ヘリ。作中では武器商人への賄賂を運ぶため、女性兵士らとともに非行艦へ飛来する。

四つ葉のマック|物語

両親や近所4名の、承諾書への署名により、毎週金曜日に"灰色ワゴン"で不良らは非行少年別所へ送られる。

非行艦は都と国が運営するも、その存在は非公表。

予算は税金から拠出されるも名目は「河川修理費」などとされわからない。

非行艦

非行艦での目的は、不良少年を訓練で更生した後の海上自衛隊への完全就職、もしくは処刑。

艦内で行われる訓練では、落伍者や逃亡者は容赦無く処分される。

非行艦の「院生」は総長を頂点とし、以下副長、幹部2名、A~Dの各ブロック長4名で組織される。

この組織内での脱走計画にマックも参加を求められるも、マックはDブロックでは乗っ取り計画があると、これを拒否。

マックは艦内の爆破事件の犯人であると嘘の密告をうけ拷問されるも、疑いをはらされ、厨房で働く「イの1号」預かりとなる。

ざんげじま

非行艦は物資補給のため、さんげじまに寄る。

ざんげ島では院生の父母兄弟の面会希望者がチャーター機で訪れ面会できる。また院生で改心したと認められたものはこのチャーター機で本土に送り帰され自由となる。

ざんげ島で母親と面会した「トコヤ」は、母親と口論。ヤケを起こし指導官を撃ってしまったトコヤといきがかり上一緒に脱走することになったマック。

飛行艇を奪い逃亡成功かと思われたところ、離水間際に非行艦に突っ込み大破。ヘリで非行艦に連れ戻されてしまう。

毒ガス

なぜか慌てて島を後にする非行艦内で、貨物船の難破により毒ガス流出の話をきいたミミが院生に話すも、肉親を慕うものと、憎むもので非行艦乗っ取り計画への意見が割れてしまう。

非行艦を乗っ取り、ざんげ島へ進路をとろうとするマックたちと指導官の間で死闘が繰り広げられるも、コンピュータに強い院生に航行プログラムを弄らせたマックの機転によりたどり着いたざんげ島は、形がかわり岩礁になっていた。

兵器産業

岩礁と化したざんげ島から助けられたうちの一人で、議員でもある犬山の父親が、政府高官に電話し救援を要求するも、非行艦の存在をつぶす閣議が決定したと伝えられる。

さらに非行艦に対してミサイルが飛来していることを知った犬山の父に、指導官長から非行艦の本当の目的が伝えられる。

日本政府は財政難を解消するため兵器の輸出を画策。兵器の密造密輸のためアメリカ、イギリス、日本の3国が出資し会社を設立。

非行艦の本当の目的は兵器の密輸だったのだ。

その存在を消すために数カ国共同出資の巨大兵器会社から狙われた非行艦は、指導官と院生が生き残りをかけ、それぞれの目論見を抱えながら生存への共業をすることとなる。