JETBOIL(ジェット・ボイル)初期型

ジェットボイル=パッキングされた状態
付属品

アウトドア用の調理器具をそろえると、いろいろ凝ったことをやってみたくなります。でも屋外での食事が主目的ではないのならば、調理にかける時間や手間はできるだけ省きたくなります。

とくに登山などでは、さっさと食事を済ませて、休息時間や景色を楽しむ時間の方を優先させたくなるはずです。味付きのアルファ米や乾燥パスタなど軽くて美味しい製品が沢山あります。こういった屋外での炊事にはやはり素早く手軽に湯沸かしできる能力が求められると思うのです。

ガソリンストーブのSVEA 123R では、プレヒートで場合によっては結構火勢が上がり、周りのものを焦がしたり引火したりしないよう気を使いますが、ジェットボイル ではそんな心配はありません。

この初期型には点火装置が付いていましたが、先端部が欠落して使えなくなりました。でもライターを使えば問題ありません。火口にライターの火を近づけながらバルブを開き点火。あとは水を入れたカップをのせるだけです。優れた熱効率形状のために炎がカップの外へはみだしません。

優れた熱効率に支えられる燃費も助かります。以前北海道や屋久島など、一月弱の登山旅行の時などもジェットボイルに225gのガス缶2つで事足りました。もっとも、すべてを自炊で賄ったわけではありませんが。

北海道旅行の際は幾人かのバイカーの方々と寝食を共にすることがあり、家庭用カセットボンベのバーナーを使っている方から、「コンビニなどでもガスボンベを買うことができるからいいよ」と勧められたのですが、旅の途中でガス缶を捨てたり買ったりしないで、自宅から持って出たもので道中を完結できるJETBOILのほうがいい、と強く思いました。

遭遇したジェットボイルの不具合

購入してからもう10年以上使用しています。この間にあった不具合は、以下の3点。

  • 1、 着火装置の故障
  • 2、 蓋の割れ
  • 3、 火口の剥離
付属品

1、の着火装置はライターを使えば問題無し。

2、の蓋の割れも、一応ふたも閉じて固定されるし、問題ない。

3、の火口の剥離も、そのまま火口をのせて使用すれば問題はないのですが紛失したらつかえなくなるので、モンベルに持ち込み修理をお願いしました。(↑ 写真左下のアミアミの部品と金色の金具が剥離しました。写真のバーナーヘッドは火口を修理したあとのものです。)

確か3000円くらいで、2週間ほどかかったような気がします。

修理して使い続けるか、新品を買うか考えましたが、屋久島でゲストハウスの方にもらった安納芋を茹でたり、北海道では野菜に飢えて、付属カップで野菜炒めをしたり(推測:メーカー非推奨)など様々な思い出があるから修理して使い続けることにしたのです。

フォークスプーンとお玉

フォークやスプーンなどみなさんもいろいろ揃えるとおもいます。自分の場合はいろいろ使ってみて、これだけは便利だから持って行こうとなったのが、ベルモントの「チタンフォークスプーン」 と、ユニフレームの「トレイル レードル」

フォークスプーンとおたま

自分は小学校の給食の時にスプーンとフォークが合体した様なものを使っていましたが、給食でこれを使うのは全国共通なのでしょうか。あと似た様なものに、イチゴ用のスプーンというのもありましたが、これは中有年以上の人しか分からないかも知れませんね。(Amazonで検索したらありました。貝印の製品だけが先がフォーク状になっています。)

 

折りたたみ式のお玉は、ジェットボイルの細長いカップでスープなどをすする時、たいへん重宝します。

小学校の給食の時間で使っていたフォークスプーンと折りたたみ式のおたま。さらに割り箸。自分がテントを背負って登山するときはこれらを一緒に持っていきます。