外付け起動のSSDでmacOS_BigSurを試す

macOS_BigSur。

外付けのSSDにBigSurをいれて、お試ししてみることにします。

あたらしいOSが出たときすぐ移行するには、アプリの不具合などが考えられ、それを検証するために外付け起動のOSは大変有効です。

MacOS_BigSurのインストーラー

== 目次 ==

 1.環境

iMac-2017-5K

iMac-2017年モデルの5K-Retinaディスプレイ「吊るしの松」モデルです。

もともとのメモリ8GBに、16GBのメモリを2枚追加して、合計40GBになっております。

iMac-2017-5Kのメモリを増設

外付けのSSD

SSDは、以前MacOS_Catalinaのときでも使用したSanDiskの240GB

SSDのケースは、Catalinaのときに使おうと思い購入したものの、結局使わなかったUbiUkiをつかいました。

iMacでOS_BigSurをいれて使う外付けSSDとケース

 2.下準備

macOS_BigSurのダウンロード

macOS_BigSurをダウンロードし終わると、インストーラーが立ち上がりますが、画面左上のメニューの「macOS Big Surインストール」から「macOSインストールを終了」を選択してインストーラーを閉じます。

macOS BigSurのインストーラー

SSDの初期化

SSDを初期化します。

SSDをケースにセットしてiMacに接続。ディスクユーティリティを立ち上げます。

Macの画面右上にある虫眼鏡のマークをクリックし、Spotlight検索で「ディスクユーティリティ」と検索し立ち上げます。

macOS_Catalinaでディスクユーティリティを立ち上げる

ディスクユーティリティ上でSSDを選択し、消去をします。

フォーマットは「macOS拡張(ジャーナリング)」、方式は「GUIDパーテーションマップ」で実行します。

ディスクユーティリティでSSDの消去を選択 フォーマットは「macOS拡張(ジャーナリング)」、方式は「GUIDパーテーションマップ」を選択 フォーマットは「macOS拡張(ジャーナリング)」、方式は「GUIDパーテーションマップ」を選択

 3.インストール

インストーラーの立ち上げ

先ほど一旦閉じておいたMacOS_BigSurのインストーラーを再度立ち上げます。

Launchpadの中にあるインストーラーのアイコンをクリックです。

Launchpadをクリック macOS_BigSurインストーラーのアイコン

インストールを実行

インストーラが立ち上がりましたら、「続ける」をクリック。

macOS_BigSurのインストーラー macOS_BigSurのインストーラー

macOSのインストール先を「すべてのディスクを表示」をクリックして、初期化したSSDを表示させた上で選択し実行します。

macOS_BigSurのインストール先を指定 macOS_BigSurのインストール先を指定 macOS_BigSurのインストールを実行中

何度か再起動した後にmacOS_BigSurが立ち上がります。

いくつかの項目を設定すればインストールの完了です。

macOS_BigSurのインストール先を指定

 4.総括

macOS_Catalinaを外付けSSDにインストールした時にも書きましたが、新しいOSに移行してアプリケーションが使えなくなるなどの思わぬ事象が発生すると、復旧させるのや代替手段を探すのに手間取ることとなります。

外付けSSDなどにmacOSをインストールすることで、元々のOS環境を消すことなく動作確認などをすることができます。

またapple社は非推奨かもしれませんが、OSの起動ディスクを外付けにすることで、複数のOS環境を維持することができます。

起動ディスクの選択

マックの画面左上のメニューから「りんごマーク」→「システム環境設定」→「起動ディスク」で起動ディスクの選択画面がでますので、ここで起動ディスクを選び「再起動」をクリックすると選択したOS(起動ディスク)で再起動されます。

macOSのシステム環境設定から起動ディスクを選択 macOSのシステム環境設定から起動ディスクを選択

optionキー

もう一つのやり方が、optionキーを押しながらMacを立ち上げるやりかたです。

Macの電源ボタンを押したのち、立ち上がるまでoptionキーを押しながら待っていると、起動ディスク選択画面が現れます。

こちらの方がお手軽なので、自分も主にoptionキーでの起動ディスク選択を行なっているのですが、最近のiMacはブルートゥース無線キーボードが標準です。

この無線キーボード、Macが立ち上がるとき、なかなか認識してくれないことがあります。

自分はその後Macの有線キーボード「A1243」や「A1242」を手に入れてこれを常用しておりますのでoptionキーの再起動で問題ないのですが、みなさまはそれぞれの環境で最適解を選択してください。

appleキーボードA1242のoptionキー macOSをoptionキーを押しながら起動し、起動ディスクの選択画面を表示