ゆずジャム

実家の庭にある2本の柚子の木。亡き父が世話をして、たわわに実らせていても、風呂に入れるぐらいしか使っていませんでした。

生前の父は、年に数度の追肥をし、木の幹に少し傷をつけるとたくさん実ができる、などと言って釘で傷をつけて、本当にたくさん実らせていたのです。

また今年も実りましたので、ジャムを作ってみました。

 材料

  • ● ゆずの実
  • ● 砂糖

以上。分量は「ゆずの実と果汁」に対して砂糖を1/2ほど。おおまかにカップか何かで測って、あとで好みで増減してください。

柚子の実 てんさい糖

 作り方

  • ① 柚子をよく洗い、半分に切り手で絞る。
  • ② 皮の内側の袋を取り除き、皮を刻む。
  • ③ 刻んだ皮を鍋で3度ほど茹でこぼす。
  • ④ 柚子のタネをお茶のパックなどに入れておく。
  • ⑤ 鍋に「果汁」と「刻んだ皮」、「砂糖」、「④」を加えて煮る。
  • ⑥ 程よいトロミが出たらできあがり。
  • ⑦ 熱湯などで消毒した空き瓶に口までいっぱいいれて、冷めたら蓋をして冷蔵庫へ。

 こんな感じ

柚子の実 柚子の実 柚子の皮と「薄皮」をわける 柚子の皮と「薄皮」をわける 柚子の皮を千切りにする 柚子の皮を茹でこぼす

茹でこぼす回数や茹で時間で苦味を調整します。

柚子の果汁と茹でた皮

マグカップなどで「絞った果汁」と「茹でた皮」をたした量を測っておき、その半分ぐらいの砂糖を加えます。

柚子ジャムを煮込んでいる

タネを一緒に茹でると、ペクチンの作用でとろみが付きます。後に取り除きます。

空き瓶を熱湯消毒している 柚子ジャム出来上がり

出来上がりです。